安全性

ニキビ肌にはイソフラボンを含む化粧水が良い?

思春期の頃から増え始めるニキビ。
成人するといったんは収まりますが、それでも肌の調子が崩れた時に出てきてしまうという方も多いのではないでしょうか。
思春期に発生するニキビは男性ホルモンであるテストステロンの分泌が増えることが多くの原因を占めますが、成人以降に発生するものはストレスによるホルモン分泌の乱れによる皮脂分泌の増加が主な原因となっています。

人がストレスを感じると前述した男性ホルモンのテストステロンが分泌され、女性ホルモンであるエストロゲンが減少します。
すると皮脂分泌が増え、発生した皮脂が毛穴に詰まり、アクネ菌がそれを養分に増殖しニキビが発生します。
アクネ菌自体は表皮常在菌と言い、肌を弱酸性に保ち他の雑菌を防ぐ効果のある有用な菌なのですが皮脂がたまってしまうと毛穴の中で増殖し、ニキビの原因となってしまいます。
ではホルモンバランスを整え、皮脂の分泌を軽減するいい方法はないのでしょうか。

そんな時は大豆製品に多く含まれるイソフラボンの出番です。
イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするポリフェノールの仲間で摂取した場合、特に更年期障害や骨粗しょう症などに効果があると言われ研究が進んでいます。
また最近の研究開発に置いて肌に塗布した際、ニキビに対して有用な効果があるのではと言われています。

肌が男性ホルモンに晒されると皮脂が分泌されそれにより毛穴が閉じてしまいます。
しかしここに女性ホルモンを加えると男性ホルモンによって閉じられた毛穴が再び開き、毛穴の奥にたまっている皮脂を外に出すことが可能です。
皮脂を排出することによりニキビを減らすことが可能になるのです。

イソフラボンが入った化粧水を使用することによりホルモンバランスが整えられ、皮脂の分泌も収まり、さらに保湿効果も高まる肌への相乗効果を狙うことが可能です。
大人ニキビに悩んでいる方にとてもお薦めなので一度イソフラボン入りの化粧水をぜひ試してみてください。
またこちらのイソフラボンのおすすめサプリについての記事も参考にご覧ください。