安全性

前立腺がんの予防に役立つ?

大豆イソフラボンという物質があります。
マメ科の植物に多く含まれる成分であり、構造が女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似ていることから女性に対して美容健康作用があり、また乳がんの発生を予防するという効果もあり女性にとってぜひ摂取したい物質です。
しかし男性の病気である前立腺がんに対しても効果があることが分かってきました。

前立腺がんは老化に伴い体内の性ホルモンのバランスが崩れることにより発生するホルモン依存性のガンです。
前立腺がんは男性が中高年の年齢に差し掛かると多くの人に潜在ガンと言う実際に人体に対して悪影響の無いレベルの微量のガン細胞が発生します。
そこから前立腺がんが悪化すると臨床ガンと言って実際に病院などで発見されるレベルのガンに成長します。

しかしイソフラボンを多く含む大豆食品を日常的に摂取する日本においては前立腺がんが潜在ガンから臨床ガンに悪化する割合が、大豆を日常的に摂取しない国よりも低いとされています。
また死亡率自体も大豆の食習慣と前立腺がんの死亡率が反比例の相関を示すということが確認されています。
さらに、動物実験においてはイソフラボンの投与により前立腺がんの発生率が半分以上減少するという試験結果も認められています。

一方でイソフラボンは前述したとおり女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きを示します。
男性が摂取しても問題ないのでしょうか?結論はは問題ありません。
男性だからといって女性ホルモンが全く分泌されていないことはなく、男性にとっても女性ホルモンは必要なものとなっています。

前立腺はガンだけではなく、肥大することもあり中高年期に差し掛かった男性にとって悩みの種となる部位です。
大豆イソフラボンは前立腺がん、前立腺肥大を予防・軽減する作用があり、女性だけではなく男性も積極的に摂取していきたい物質と言えるでしょう。
男性の場合は女性よりエストロゲンの分泌量も少ないこともあり、イソフラボンのサプリメントでの摂取がお勧めです。