安全性

悪玉コレステロール減少に効果あり?

元来日本人の食事は野菜や魚は多く、脂肪をあまり摂取しないスタイルのものでした。
しかし戦後、食生活が欧米化することにより肉類や脂質を多く摂取するようになり、最近だと肥満や動脈硬化などが問題となっています。
中でも動脈硬化やそれに起因する脳血管疾患や心疾患の原因となる悪玉コレステロール値の増加が大きな問題となっています。
悪玉コレステロール値が高い状態が続くと血管内にコレステロールが溜まって血栓が発生し血流を阻害してしまいます。

大豆類に多く含まれているイソフラボンという物質が実はこの悪玉コレステロールの減少に大きな作用を持つ、ということが明らかになっています。
イソフラボンというのはマメ科の植物に含まれるポリフェノールの一種で、その構造が女性ホルモンであるエストロゲンに似ていることから抗酸化作用や美容作用、更年期障害の軽減など女性に嬉しい効果がたくさんあることで有名な物質です。
しかしホルモン様相物質としてではなくポリフェノールとして見ると悪玉コレステロールの減少と言う男女どちらにも有益な作用があるのです。

悪玉コレステロールはその名の通り血栓などの原因となってしまう体に対し悪い影響を及ぼす物質なのですが、それとは反対の効果を及ぼす善玉コレステロールという物質も存在します。
基本的にこの善玉コレステロールと悪玉コレステロールはどちらかが増えるとどちらかが減るという反比例の相関をしていて、イソフラボンを摂取すると善玉コレステロールが増えることにより悪玉コレステロールが減少します。
大豆製品自体、高たんぱくで低脂質であり人に必要な鉄分やカルシウムも豊富に含んでいてダイエットや生活習慣の味方です。

高脂質な食事やお酒などを飲みすぎてしまうとすぐに悪玉コレステロールが増えたり肥満になったりしてしまいます。
大豆製品を賢く摂取することによってダイエットとコレステロールのバランスをうまく同時に行っていきたいですね。
また、こちらの一日に最適なイソフラボン量についての記事も参考にご覧ください。